はぐたいむ

子ども3才と1才。週4時短勤務。秋田出身、町田在住です。

※実体験に基づく※子どもこそ日焼け止めが必要な理由

 

連日猛暑ですね!ほんとうに暑いですね!

とてもとても外になんて出ていられません。

 

昨日も今日もお出かけは食料品の買い物やランチくらいにして、

おウチ遊びとお昼寝(かなり無理やり寝せた)して過ごしている我が家です。

 

猛暑つづきの今日は、

化粧品メーカーに勤務8年目の知恵を活かして日焼け止めについて書きます◎

 

子どもに日焼け止めは必要?

f:id:ayachan_a:20181010144912j:plain

答えは、もちろん必要です。

 

わたしは、必ず塗って外にだすようにしています。

どんなに朝がバタバタしても、です。

 

理由はたくさんあります。

 

老化の8割は紫外線が原因

紫外線ってやっぱり肌にとっては一番の大敵です。

ご存知ですか?老化の8割は紫外線。

浴びないに越したことなし。

 

帰宅してから

「日焼け止め塗るの忘れた〜」ってスキンケアのフルコースのケアをするよりも

日焼け止めをしっかり塗って

焼かないようにするほうが絶対にいいです。

 

紫外線のマイナスをゼロにするのはけっこう大変なので、

はじめからマイナスをつくらないようにしいですね。

 

子どもの肌への紫外線ダメージ

じゃあ子供はどうなの?って。

子供ももちろん、いや、

子供こそ紫外線に要注意。

 

既に色んな専門家の方々が主張されています

・幼い時期に継続的に紫外線を浴びると皮膚ガンになるリスクが上がる

・将来的にシミができやすい肌になる

などなど

 

ただ、色が黒くなるだけじゃないんです。

 

 

とは言っても、

それでも塗らなくてもいいやーって人はきっと、シミとか紫外線トラブルに見舞われたことがないママだと思います。(うらやましいです。)

 

幼少期の日焼けが原因でホクロ星人のわたし

わたしが子どもの日焼けにこだわるのには理由があります。

 

肌質もあって仕方ないと諦めてますが、

わたし、茶アザ(紫外線が主な原因と言われるホクロとは違う点)がお顔から身体まで100以上あるんです。

100以上っていうのは、

100より先は数えるのが面倒でやめたから100以上。

しかもこれ、小学生くらいの頃から既にけっこうあったんです。涙

 

物心ついたころにはもうかなりあって、

けっこうコンプレックスでした。

 

別に母親を恨んだりはしていませんが。

 

だから、我が子には

そんな思いさせたくないと思って、毎朝日焼け止めだけは塗ってあげています。

 

メラニンやシミのできやすさは遺伝もあったり、

個人差も大きいです。

でも、防げるものなら防いであげよう、と。

 

“わたし×ホクロ”のエピソード

ホクロ(私の場合は茶アザ)が多いのって、

海外だと、すごくチャームポイントになってモテるんだよ〜とか言われたりしました。

 

少し前に夫がフォトショか何かで

わたしの茶アザ全部とったら別人のようで笑っちゃいました。

 

会社の飲み会で、社長から真顔で、

「お前、ホクロ多いからレーザーとかやったらどうだ?」

って本気で言われたことがあります。

 

皮膚科に行ったとき、

ハイドロキノン(シミに効くと定評がある成分)いいのがあるよってチラシを見て、

最近できたシミに効くかなーって、

「私みたいな肌でも効果ありますか?」て先生に聞いたら

「あっ、ホクロには効かないよ?」て言われました。

 

いろいろありましたけど、

33歳になった今は自分の模様みたいに思って割と愛着あるからいいんです◎

 

 

子供には、

未然に防げる苦労はさせたくないって

親心ですよね。

 

 

それではこのあたりで♬